成年後見 遺言 逝後事務 | NPO法人 シニアサポート多摩

よくある質問

Q:親が亡くなり、遺言書が見つかりました。

先日親が亡くなり、遺言書が見つかりました。この後の手続きはどうしたらいいですか?

A:公正証書遺言かそれ以外かで違います。

のこされた遺言書が公正証書であれば、内容に従って手続きに入れます。 遺言書の中で遺言執行者が指定されていれば、その執行者が相続人全員の代理人として、遺言書の内容の実現をすることになります。
もしも公正証書以外であれば、速やかに家庭裁判所での検認の手続きを進めなければなりません。

Q:相続人の確認はどうしたらいいですか。

相続が発生しましたが、金融機関から相続人が確認できる資料を取得するようにいわれました。どうしたらいいですか?

A:亡くなった方の戸籍謄本をさかのぼって取得します。

相続における相続人は、戸籍に記載されている方のみとなります。 ですから、亡くなった方の出生から死亡までの連続した戸籍を取得することで、その方の相続人は確認することができます。
気をつけなければいけないのは、第三順位の相続の場合は亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となりますので、その場合は亡くなった方の父母の出生時までさかのぼらなければならないので、大変やっかいなことになります。

お気軽にお問合せください

〒 206-0041
東京都 多摩市 愛宕 4-24-5
042-400-5264
info@npotama.net

シニアサポート多摩のサービス

カードの画像

成年・任意後見

認知症などで判断能力が低下した場合には、身上監護(住まいや看護・医療の...

詳細を見る
カードの画像

遺言書・相続

人が亡くなった後に遺された財産の分配を中心とした手続きです。何も備えが...

詳細を見る
カードの画像

死後事務手続き

自分亡き後の縁故者への連絡や葬儀・納骨などの手続きを、あらかじめ契約に...

詳細を見る

こんな時こそお役に立ちます

仕事で時間がないので遺産整理を代行してほしい
後々に揉めごとを遺さないような遺言書を作りたい
自分では重荷なので親族の成年後見人を任せたい
子がないので葬儀や後始末のことを頼んでおきたい
認知症に備えて自分のことを決めておきたい
資産評価や相続税のことがよくわからず不安だ

シニアサポート多摩

  • 〒 206-0041
    東京都 多摩市 愛宕 4-24-5
  • 042-400-5264
  • info@npotama.net